トップイメージ

通常の外国為替証拠金取引の教科書では、「損をしたケースではナンピン買いして平均の買い付け価格を小さくする」等助言されている事もありますが現実的にはここには相当のリスクが待っています。ゼロファクター 使用方法

まずは、ナンピン買いの方法について易しく述べておきます。ロスミンローヤル 効果なし

一例として1ドル100円でドルを買ったとする。快便 食事

ドル買いですから、円安に向うほど黒字が出るわけだが反対に1ドルが95円までドル安が進んだとします。ゼロファクター 通販

その状態で保持し続けたとしたら利益がでるためには、5円分、ドル高に動く必要があります。フィトリフトホットクレンジング 口コミ

誰でも、損失は可能な限り早くリカバリしたいと考えます。授乳中 産後ダイエット

この状況を打破するためはじめに買ったのと同じ量の$を1ドルを95円で買い増します。エマーキット

それで、平均の買い付け単価は97円50銭まで低くすることができる。カムカム 効果

要するに、半分の幅で円安ドル高に向えば損失を回復できます。リバイブラッシュ

この流れがナンピン買いのロジックだ。コンブチャ 炭酸

こういうふうに、ナンピン買いの理論を知ると「まちがいない」と考えたりするが、マーケットは容易には思い通りにはいきません。

最初から、1ドル95円より下がらないとは誰一人としてわからないのである。

もしも、相場が相当の円高動向だとしたら、1ドル95円ではとどまらずより一層円高ドル安が進む確率は高くなります。

ひとつの例として、97.50円でナンピン買いをするとしても、1ドル=95円まで円高ドル安になったらナンピン買いをした分についても、マイナスが生まれることになってしまいます。

そういう状態では初めに保有したポジションと一緒に、二重の差損が生まれる事になります。

それゆえ、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

では、外国為替市場が脚本とは逆向きにすぐに進んだ場合、いかなる手段で危機の確率を回避すればいいのでしょうか。

こういう状態で選ぶべき術は2つ。

最初のひとつは執着しないで、損切りをする事です。

ふたつめは、その時に、自分か持っているポジションを少なくして、改めてマーケットが回復するのを大人しく待機する事です。

少し主体性のない術だと考える方もいると思います。

しかし、持っている買いポジションに損が生まれた時最も有効な手段はそれ以外には考えられません。

当然、理論としては、ナンピン買いする手段もありえます。

しかしながらナンピン買いは自分がマイナスになっている状態で買いポジションを縮小するどころか、逆に買いポジションを積んでいく対策です。

それでは、危険性を避けることなど、どうやっても可能ではないと思うべきです。

ナンピン買いをしていけばいずれは損を取り返せるかもしれません。

だがしかし、それ以前に資金はショートしてしまいます。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.azeroth-adventuring.com All Rights Reserved.