トップイメージ

とうとう投資すると時という場合では、下準備を手抜きしてはいけません。ビジネス英語 ペラペラ

トレードを行う前であったら、起こる事を合理的に見つめる事ができるゆとりがあります。

しかしながら、トレードの内側に入ってしまうとどう試みても物の見方が偏ったものになってしまい、真っ当な判断を下せなくなる恐れが生じる。

その分自身の精神が合理的な段階できちっと準備が大事です。

”準備”のためには、何はともあれ自分だけのシナリオを描くことから行います。

今からの相場はこうだから豪ドルを売る(あるいは買う)みたいに自分のシナリオを立てていくのだ。

その次は為替チャートを見ましょう。

それまでの為替レートの上下動をチェックして、現在の価格を確かめます。

そうすると、「今のところ行き過ぎた段階になっている」とか、あるいは「すでに多くの投資家が仕かけているから、これから先慌てて売り(または買い)してももはや手遅れだな」などと理解できます。

当然、今さらエントリーするのがやりようがないと感じたならば、ここはきっぱりと吹っ切ることが肝心。

無理に自分自身の物語を押し通そうとして無理に注文すると、マーケットに押し返されてそればかりか損をすることになる可能性があります。

とは言っても多くの場合、準備が整った自分の台本を描いていくと、売買が手遅れという場面にはならないと思います。

おそらく、本格的に為替相場が動意づく前の状態のはずです。

次に、とりあえずは売り買いしようとしているポジションの変化を、点検する事が大切です。

ドル高が進むと予想する台本を記したのであれば、その外貨の変動に注目する事が大事です。

外国為替相場の上げ下げを確認し始めた状況ではまだまだその通貨は明確に上下動する素振りを見せないで、小さな上下動を繰り返しているだけでしょう。

でも、その上下動をしっかりと注目していると、ある位置でじわじわと、円安へと相場が向い始めます。

この状況でドル円の新規注文を出すのだ。

通常は、ここまで念入りに計画を考えておけば、その取引で稼げる可能性は相当高まります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.azeroth-adventuring.com All Rights Reserved.